2018年2月6日火曜日

節分

ボークス大阪ショールームの近くにある難波八阪神社
前から行ってみたかったのですが、開いている時間が6:00~17:00・・・。
休みの日にしか行けないのでやっと重い腰を上げて見に行ってきました。
ど─────ん!!
獅子舞台という大きな獅子の頭の形をした舞台がありますっ!

右から見た所は…。
左から~。
正面に本殿があります。
ここには色んなおみくじがあります(*´-`*人*´-`*)
左に見切れてるのが普通のおみくじ、その右がだるまおみくじ。
鯉(恋)みくじ。と鯛(一年安鯛)みくじ。
鯉と鯛は共に3色あります。
すえひろ扇子みくじ。
私は赤の鯛みくじを引きました。
右側にあるのは、プリントアウトして作った節分用のお面。
ビーバーのお父さんに付けて写して来ました♪
獅子が鬼っぽい形相なので節分風写真という事で…(^_^;)
おみくじの大きさはこれくらいですっ。
その後、鶴橋に韓国のお茶(オミジャ茶)を見に行き、前の職場に顔を出して、梅田で買い物して帰りました。
ちなみにオミジャ茶はコレ。甘くて美味しいです♪
鶴橋は必要なものだけ買ってすぐに電車に乗ったので又今度じっくり見たい! 
ずっと歩き回って疲れたけど、一応やりたい事を色々達成出来て良かった☆彡

2018年1月10日水曜日

あけましておめでとうございます(*'▽'*)

あけましておめでとうございますっ♪



お正月に滋賀県甲賀市の多羅尾乃湯に連れて行って貰いました(*´ω`*)
温泉の入口では信楽焼のタヌキとカエルがお出迎え(´艸`)
途中で挫折して温泉には入らず帰宅しましたが(笑)
併設するゴルフ場、タラオカントリークラブを見て来ました。
寒いけど空気が澄んでいて凄く綺麗でした!
初めてゴルフ場を見たのもありますが(*´∀`*)ノ。+゜*。
緑が生い茂る夏辺りにもう一度行ってみたいです♪



ボークスからくじ引き付きの年賀状が届いたので遊びに行って来ましたっ。
(何故届いたのかな?今まで来たことなかったけど??
霊天使が当たったから?クレジットカードの会員になったから??)
結果はハズレでしたが撮影ブースをお借りして写真を写しました。
頂いた、もちばけのお雑煮姐さんがドヤァ♪って感じでとても気に入っています♥
霊天使はもうちょっと正月っぽい服があれば良いのですが…副難民(苦笑)
Twitterのヘッダーにもこの写真を入れてみました(*´-`*人*´-`*)



最後に今年の年賀状を…。
今年の1月6日から放映のアニメ、七つの大罪のホーク(豚)とシャスティフォル(熊)を描いてみました!
よくよく考えたらシャスティフォルは犬にも変身するんだった(;゚Д゚)!
毎回干支関係なしの年賀状を描いているので全く考えていなかった(苦笑)
●私バージョン
●両親バージョン
●友達と顔が似てるので、ふざけて描いたうさぎ100%(笑)
●ゆうびん.jpの手作り風はんこ作成ツールで判子っぽく。
このサイト、便利なのでずっと続けて欲しい(>_<υ)
便利で年賀状作成にもってこい!!



と、いう訳で今年は最低3回はブログ更新出来る様に頑張ります(苦笑)
本年もどうぞよろしくお願い致します(ノ・ω・)人(*´ω`*)人(・ω・ヘ)

2017年12月30日土曜日

2017年に写した写真達(抜粋)

今年はブログを1月8日に1度書いたきりでした(苦笑)
来年2018年は3回は書ける様に頑張ります(汗)

と言っても特にネタも無いので今年写した写真達を幾つか上げたいと思いますっ。


【ドール】
1.頂いたバレンタインのチョコと一緒に陽栗(ひより)を
2.1枚目と同じ日に写した写真
 CROBIのJunっぽくない感じがしてお気に入り(*´ω`*)
3.Twitterで教えて頂いたスマホアプリで2枚目の写真を加工♥
4.カメヤマローソクが可愛かったので持たせて写してみました♪
5.顎にガッツリ影が&ローソク斜め…パソコンに取り込んでから気付いた(泣)
6.寝転ばせたら上手くポーズが撮れたのでそのまま写してみた(お気に入り♥)
7.しろくましげちゃん★と稲穂(いなほ)のツーショット
8.しろくましげちゃん★
9.霊天使の瑞風(みずかぜ)


【風景】
1.滋賀県の信楽高原鐵道 信樂駅(信樂驛)入口
2.滋賀県長浜駅付近 元祖 堅ボーロ本舗(清水ボーロ)
3.長浜駅付近 翼果楼(よかろう)の焼き鯖そうめん
4.甲賀市のレストランGasthausSwissAlpina(ガストハウススイスアルピナ)
5.IDC大塚家具神戸ショールーム(ハウジング・デザイン・センター神戸(HDC神戸))
 スマホ写真なので今度はカメラ持参で晴れた日に行きたい!


【花】
1.タガラシ
2.彼岸花
3.セイタカアワダチソウ


【水滴・キラキラ】
1.参天製薬サンテメディカル(目薬)
2.結露を斜め下から
3.中国食材店で頂いた飴達


画像まみれ&中身が無くてすみません(汗)
今、写したいなと思っている被写体が2個ありますので、
1月中に頑張って写したいと思います!
又、来年もどうぞよろしくお願い致しますっ(*´-`*人*´-`*)

2017年1月8日日曜日

鶏ガラスープの違いについて

過去に、部位別に鶏がらスープを作って味見してみたw自分なりにまとめてみたので主観的ですが・・・(汗)
とあるスーパーで2014年4月に買った鶏がらなので価格は今と違いますし、会社によって勿論価格も違うので値段は参考程度ですが・・・(汗)
確か、鶏の産地も肋の骨だけ違った気がします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


鶏がらの部位の違いによるスープの違いについて。
首の骨、肋、手羽はし、それぞれのガラスープを作成した。
手羽はしとは:手羽先を食べる時に手で持つ部分。手羽中になる部分以外。
・・・良い説明思い付かない(笑)
可能な限り同じ状況で作る事が出来る様に、野菜は入れず、がらと水の割合、加熱時間を1時間と、3種類とも同様にした。
加熱途中でスープが濁った時は、ミンチ肉を入れるとスープが澄む様だが、今回は使用しない。
材料と手順は以下の通り。

1.材料
(1)首の骨400g・水1000cc
(2)肋700g・水1750cc
(3)手羽はし400g・水1000cc

2.手順
①がらを水洗いする。
②湯を沸かし、そこにがらを入れ、1分間下茹でする。
③冷水に取り、内臓や血合いを綺麗に取り除く。
④骨からの旨味が出易くする為に、がらを切り分ける。
⑤水とがらを入れ、水から茹でる。
 沸騰するまでは強火、沸騰したら弱火で煮る。
 湯から茹でると蛋白質が固まって出汁の出が悪くなる様なので必ず水から茹でる。
 熱してる間は濁りの原因となるので混ぜない。
 蓋をするとスープが濁るので使用しない。
 他の理由として、テールやホルモン等血が多い肉や、骨が付いている肉は
 蓋をして加熱すると出来上がったスープに臭みが残るので基本的に蓋はしない。
⑥沸騰して来たら、灰汁を取りながら煮込む。
⑦1時間蓋をせずに煮込んでスープは完成。
⑧粗熱を取って、比較し易くする為に、茶こしで濾しながらペットボトルに移す。

3.作業中の違いや、出来上がりの見た目等は以下に記す。それぞれの写真は次頁。
(1)    首 100g20円(2014年3月31日時点、それ以降は100g21円)
・水洗いの時、首の骨だけなので洗い易い。
・下茹での時、湯が殆ど濁らない。
・煮込んでも灰汁があまり出ない。
・灰汁の色は白みを帯びた黄色。
・上澄みに油は殆どない。(画像①)
・スープの色は少し黄色っぽい透明。(画像①~③)
・冷蔵庫で冷やすと、出来上がったスープの底に薄茶色の塊が現れた。(画像②)
・冷蔵庫で冷やしても粘度は特に変化なし。(画像③)

(2)    肋 100g20円(2014年3月31日時点、それ以降は100g21円)
・水洗いの時、骨の内側に付いている内蔵や血合いを取り除く作業が必要。
・下茹での時、湯がかなり白くなる。
・煮込むと、灰汁が次々と出て来る。弱火にしてからも灰汁は出続けた。
・灰汁の色は白っぽい。
・がらと一緒に皮も付いていて、その皮も一緒に加熱したせいでスープの上澄みに
 油が多く浮いていた。
・スープの色は、少し黄色っぽいがほぼ無色透明。(画像①~③)
・時間が経って冷めると、油が浮いて来た。(画像①)
・冷蔵庫で冷やしても粘度は特に変化なし。(画像③)

(3)    手羽はし 100g38円(2014年3月31日時点、それ以降は100g39円)
・水洗いの時、希に付いている羽を抜く程度なので作業が一番簡単。
・下茹での時、湯が殆ど濁らない。
・煮込むと、灰汁が次々と出て来る。弱火にしてからも灰汁は出続けた。
・弱火にし始めた時点でスープが少し白く濁り始める。
・灰汁と一緒に油も出て来るが、肋に比べてキメが細かいのか、油の粒が小さい。
・スープの色は黄色っぽい半透明。(画像①②)
・時間が経って冷めると、肋同様油が浮いて来た。(画像①)
・冷蔵庫で冷やすと、ドロドロした液体に変化した。(画像③)
 手羽先は他の部位に比べ、ゼラチン質と脂肪が多いからと思われる。


画像①
画像②
画像③
4.次に、それぞれの味の違いについての感想を記す。
(1)首
・3種類の中で一番味がしっかり付いていて濃厚。
・良く言えば鶏の匂いも味同様濃厚、悪く言えば鶏臭い。
・肋に比べ、あっさりしているがコクもある様に感じた。
・油分については3種類の中で一番適量と感じた。
・主張する味なので中華粥や海南チキンライスの様な、あまり他の材料を加えない料理に
 向いている気がした。

(2)肋
・3種類の中で二番目に味がしっかり付いている。
・鶏独特の匂いは首と手羽はしの中間。
・一番油が多いので、飲んだ時に口に油がまとわりつく感じがする。
・油分については3種類の中で一番多いので下茹でする前に除去していたら抑えられた筈である。
・味・油について、首と手羽はしの中間的存在なので色々な料理に使えると感じた。

(3)手羽はし
・3種類の中で一番あっさりしている。
・飲んだ時の印象はさっぱりしているが悪く言えば味が薄い。
・手羽はしは表面に皮があるので、油っこくなるのかと思ったが、予想より大分少なく感じた。
・さっぱりしているので、脇役として使える料理に適していると思った。


5.感想
成分を調べる事が出来ないので、首のスープの沈殿物や、手羽はしのスープの濁り等が何であるかは分からないが、部位によって一目瞭然な程の違いが出るとは思わなかった。
味だけで言うと、肋が一番安価で且つ無難な味だと感じたが、下処理が一番面倒である。
下処理がほぼ要らないのが手羽はしだが、一番高価である。
しかし3種類を同時に作り、同時に飲み比べたのでそれぞれを単体で飲むより今回は違いが分かったと思う。
総合的に考えると、強火で長時間煮込み白濁させ作る白湯や、澄んだスープである清湯(ちんたん)等を作るのが目的でない限りは、手羽はしに比べると少々手間は掛かるがそれは微々たるもので、手羽はしより格段に安価な首だけのがらスープが一番簡単で手軽に作れると感じた。

2016年11月27日日曜日

shock!!!!!

家のBJD CROBIのJun(陽栗Hiyori)
…が、どうしても服難民で辛かったのでボディを替えました!
2016年11月26日に届いて喜んでいたのですが…。
肌の色が思っていたのと全然違う─────・゚・(ノд`)・゚・
DollsTownというメーカーの13yrs Girl Body ver.2015をこの度買いました。
SD13少女を少し小さくした様なドールで、胸も小さくて凄く好み&服難民から逃れられるのでとっても嬉しかったのです。
 手もそこまで子供っぽくないです。
一般的な肌の色はPale・Fresh・Orientalがあり、
Pale:問い合せたら一般的に他企業の白肌
Fresh:多分普通肌?
Oriental:こっちが普通肌に見える様な?
です。
肌の色の比較はこちら↓
https://www.flickr.com/photos/dollstowngallery/7802337242/in/set-72157631112988050
https://www.flickr.com/photos/dollstowngallery/7802337396/in/set-72157631112988050
ブログで所持してる方の写真とか見たり、それでも不安なので比較を見たり、問い合せたのに思ってたのと違った…。
他企業の白肌がDollsTownさんには分からないので仕方ないけど…orz
↑あまりにも酷い色差です…㊨。
ショック過ぎてめっちゃ適当に写しましたすみません(´;ω;`)ウッ・・・
一瞬見える所だけ塗装すれば!とか思いましたが絶対やらない方が良い気がしてきました。
失敗したら一巻の終わりですし…。
勿体無いですが売る方向で行きます…(号泣)
そして、多分ここのメーカーはBJD CROBIのSoftWhiteSkinと互換性のある肌の色はなさそうな気がします。
最近のCROBIさんは肌の色合いが若干違う様なので互換性ありかも知れませんが???
ちなみに左Zionは2012年、右Junは2014年製です!
ここのボディを買われる方はご注意を~。

SoftWhiteSkinと色的に互換性ありのSD13サイズ位の女の子ボディって何処にあるのか…。
ご存知の方いらっしゃいませんか─────・゚・(ノд`)・゚・
このままではずっと生首状態です(>_<υ)